DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
030 紀要 >
法政大学大学院紀要(理工学・工学研究科編) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/10593

タイトル: JAUS準拠移動ロボット開発事例とIGVC IOPチャレンジ
その他のタイトル: Development of JAUS compliant mobile robot based on IGVC IOP challenge ruleDevelopment of JAUS compliant mobile robot based on IGVC IOP challenge rulev
著者: 伊東, 一輝
ITO, Kazuki
キーワード: JAUS
Python
unmanned system
IGVC
IOP Challenge
Interoperability
発行日: 2015-3-24
出版者: 法政大学大学院理工学・工学研究科
抄録: Robot module standardization and interoperability are one of important framework for advanced robot rapid prototyping. To achieve robot module standardization and to enhance interoperability, several frameworks can be presented and known such as STANAG4586, JAUS(Joint Architecture for Unmanned System), Rt-middleware. Because of detailed documentation and various implementations, the JAUS robot system that may be one of the dominant architecture for unmanned system. In this paper, we describe our implementation of JAUS compliant mobile robot based on IGVC IOP challenge rule. Implemented JAUS compliant robot modules are examined and confirmed by IGVC IOP challenge organizer.
URI: http://hdl.handle.net/10114/10593
ISSN: 21879923
出現コレクション:法政大学大学院紀要(理工学・工学研究科編)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
13R6101.pdf599.66 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください