DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
030 紀要 >
イノベーション・マネジメント:Journal of innovation management >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/11228

タイトル: <書評> 榊原清則・辻本将晴・松本陽一著 『イノベーションの相互浸透モデル : 企業は科学といかに関係するか』 白桃書房、2011 年 3 月
その他のタイトル: Kiyonori Sakakibara, Masaharu Tsujimoto and Yoichi Matsumoto, Inobeshon no Sogo Shinto Moderu : Kigyo wa Kagaku to Ikani Kankeisuruka (The Mutual-Permeation Model of Innovation : How are Firms Connected with Science?), Hakuto-Shobo, 2011
著者: 玄場, 公規
発行日: 2012-3-31
出版者: 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター
記述: イノベーション・マネジメント研究センターの許諾済。学術目的以外の引用・複写を禁止しています。引用には出典を明記の事。
URI: http://hdl.handle.net/10114/11228
ISSN: 13492233
出現コレクション:イノベーション・マネジメント:Journal of innovation management

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
12_im_9_gemba.pdf260.86 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください