DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
030 紀要 >
イノベーション・マネジメント:Journal of innovation management >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/12296

タイトル: グローバルニッチトップ企業を生むメカニズム : 高知県紙産業の比較事例研究
その他のタイトル: The Mechanism which Generates Global-Niche-Top Firms : Comparative Case Study of Paper Industry in Kochi Prefecture
著者: 片岡, 千保
立本, 博文
キーワード: グローバルニッチトップ企業
高知県
紙産業
産業集積
クラスター
Global-Niche-Top firms
Kochi prefecture
paper industry
industrial accumulation
regional cluster
発行日: 2016-3-31
出版者: 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター
抄録: 本研究は、グローバルニッチトップ企業を生むメカニズムを解明することを目的に、高知県の紙産業における代表的なグローバルニッチトップ企業(以下、GNT 企業)2 社を対象に、合意法を用いた比較事例研究を行った。その結果、①非コスト競争市場への参入、②既存技術の改良、③ユーザーニーズへのきめ細やかな対応、④技術・製品開発と連動した積極的な設備投資、⑤技術・製品開発と設備投資を牽引する経営者の強力なリーダーシップ、の5 つが、GNT 企業へと成長するために必要な戦略であることが分かった。また、これらの戦略の多くは、産業集積やクラスターの特徴である「地域内ネットワーク」ではなく、「地域外ネットワーク」により実現されていることから、GNT 企業の成長メカニズムが、産業集積やクラスターに大きく依存していないことを解明した。さらに、GNT 企業の育成には、「地域内ネットワーク」を強化するクラスター政策よりも、むしろ、地域外の要素や資源とのマッチングを支援する方が効果的である可能性があるとの示唆を得た。
記述: 査読付論文(refereed)。イノベーション・マネジメント研究センターの許諾済。学術目的以外の引用・複写を禁止しています。引用には出典を明記の事。
URI: http://hdl.handle.net/10114/12296
ISSN: 13492233
出現コレクション:イノベーション・マネジメント:Journal of innovation management

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
im_13_kataoka_tatsumoto.pdf731.56 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください