DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
040 研究調査報告書 >
科研費報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/12604

タイトル: 公的助成による技術普及と波及効果 : 構造推定を用いた太陽光発電と電力市場の分析
その他のタイトル: Structural analysis of the economic impact of the buy-back subsidy and the feed-in tariff on the residential PV systems in Japan.
著者: 明城, 聡
キーワード: 補助金
余剰電力買取制度
太陽光発電
イノベーション
発行日: 2015-4-24
シリーズ番号/レポート番号: 32675;25780164
若手研究(B);2013-2014
抄録: 研究成果の概要(和文):住宅用太陽光発電への補助金および余剰電力買取制度がクリーンテクノロジーの普及に与えた影響を構造推定モデルを利用して分析した。また、温室効果ガスの排出量の削減を含めた社会余剰の観点から費用対効果を計算した。この結果、これら制度は太陽光発電の普及に大きく寄与したものの、その費用対効果は温室効果ガスの削減効果の経済価値を市場取引価格や社会的費用よりも大きく見積もらない限り正当化されないことが分かった。研究成果の概要(英文):We estimate structural demand-supply models to evaluate the diffusion effect of the buyback subsidy and the feed-in tariff (FIT) for the residential-use photovoltaic (PV) systems in Japan. We found that the subsidy program boosted PV installation more than 30% and the FIT also prospected to accelerate future installation under the condition that future buyback prices of electricity would be kept high enough as well as sufficient cost reduction of PV would attained. These diffusion policy, however, do not make sense with respect to the social welfare unless we assess the economic value of the reduction of greenhouse effect gas much more than its market value and/or social cost estimated.
記述: 研究分野:産業組織論
URI: http://hdl.handle.net/10114/12604
出現コレクション:科研費報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
15_kaken_25780164seika.pdf85.42 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください