DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
040 研究調査報告書 >
科研費報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/12606

タイトル: 拡張光線情報を用いた3次元ディスプレイの体系的記述とホログラフィ計算手法
その他のタイトル: Systematic Analysis of 3D Display and Computation of Hologram with Augmented Light Field
著者: 小池, 崇文
キーワード: 光線情報処理
ライトフィールド
ホログラフィ
3次元ディスプレイ
発行日: 2015-6-8
シリーズ番号/レポート番号: 32675;25880019
研究活動スタート支援;2013-2014
抄録: 研究成果の概要(和文):ホログラフィ方式を含む3次元ディスプレイの体系的記法の構築とそれに基づくホログラフ ィの計算方法の研究を行った.本研究では,光を電磁場などの物理的な場と同様に捉える考え方であり,かつ,光を記述する関数でもあるライトフィールドをさらに拡張した拡張ライトフィールドの概念を用いることで,ほとんどの3次元ディスプレイを体系的に理解する事と,3次元映像生成に必要な計算を可能にした.研究成果の概要(英文):We studied systematic analysis of 3D display and a computation method of computer generated hologram with augmented light field. In this study, we use augmented light field to systematically understand 3D display and calculation methods to generate 3D image. Augmented light field is a extend idea of light field, which is a concept and a function to treat light such as physical field like electromagnetic field. We have enabled to understand 3D display systematically and allow the necessary calculations in 3D image generation.
記述: 研究分野:実世界指向メディア
URI: http://hdl.handle.net/10114/12606
出現コレクション:科研費報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
15_kaken_25880019seika.pdf226.12 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください