DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
020 学位論文 >
022 修士論文 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/12877

タイトル: 動画解析に基づく自動くせ検出システムの基礎研究
その他のタイトル: Automated habit detection system:A feasibility study
著者: 見澤, 弘樹
キーワード: Kinect
Motion analysis
PCA
MRA
発行日: 2016-3-24
出版者: 法政大学大学院理工学研究科
記述: <実績> 国際学会 ・Automated habit detection system: A feasibility study, Hiroki Misawa, Takashi Obara and Hitoshi Iyatomi, Lectures Notes in Computer Science, Vol. 9475, Vol. 2, pp.16-23, Dec.2015. (International Symposium on Visual Computing 2015 (ISVC2015)). DOI:10.1007/978-3-319-27863-6_2 国内学会 ・Kinect センサを用いた対話中での「くせ」の定量化における基礎検討, 見澤 弘樹、小原 崇司、彌冨 仁, 2015年電子情報通信学会総合大会 (滋賀), 2015年3 月.
法政大学大学院理工学研究科応用情報工学専攻修士課程修了.学位授与日2016年3月24日.指導教授:彌冨 仁.
URI: http://hdl.handle.net/10114/12877
出現コレクション:022 修士論文

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
16_thesis_master_14R4130見澤弘樹.pdf7.43 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください