DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
030 紀要 >
法政大学スポーツ研究センター紀要 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/13181

タイトル: 指導スタイルとパーソナリティ、社会的スキルの関連に関する一考察 : ジュニアラグビー選手を対象とした予備調査結果
その他のタイトル: Consideration about the relation of the coaching style, the personality and the social skills : A preliminary survey of the junior rugby players
著者: 中澤, 史
上野, 雄己
苑田, 右二
梶内, 大輝
キーワード: 指導スタイル
パーソナリティ
社会的スキル
Coaching style
Personality
Social skills
発行日: 2017-3-31
出版者: 法政大学スポーツ研究センター
抄録: ジュニアラグビー選手16名を対象に、高校時代の運動部活動において享受した指導スタイルを専制型と民主型に大別し、各指導スタイルが選手のパーソナリティの発達と社会的スキルの向上に与える影響に関する予備調査を試みた。その結果、それぞれの選手のエゴグラムはともにNP優位のN型であることから、指導スタイルに関係なくジュニアラグビー選手は他者肯定型のパーソナリティを有する可能性が示唆された。また、各指導スタイルにおける選手の社会的スキルの違いに着目すると有意差を認められなかったものの、効果量の観点から、トラブル処理を除いて、総じて民主型の選手の方が社会的スキルの得点が高いことが示された。このことから、青年期後期に位置するジュニアラグビー選手の指導においては,選手の自主性を重視した指導スタイルの方が社会的スキルの獲得を促進する可能性が示された。
URI: http://hdl.handle.net/10114/13181
ISSN: 21879168
出現コレクション:法政大学スポーツ研究センター紀要

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
35nakazawa-other2.pdf1.26 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください