DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
040 研究調査報告書 >
比較経済研究所ワーキングペーパー(ICES Working Paper) >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/13247

タイトル: An Industrial-Organization Approach to Money and Banking
著者: Gunji, Hiroshi
Miyazaki, Kenji
発行日: 2016-10-24
出版者: Institute of Comparative Economic Studies, Hosei University
法政大学比較経済研究所
シリーズ番号/レポート番号: 平均限界税率をもちいたマクロ政策分析;7
抄録: In this paper, we study the effect of conventional interest rate policy, quantitative easing and the reserve accounts’ interest rate on the money stock in an industrial-organization model of the banking industry with money creation. Our main findings are as follows. First, under a plausible setting of the parameters, the model with money creation supports the liquidity puzzle, in which tight monetary policy increases the money stock. Second, quantitative monetary easing has a similar effect. Third, the negative interest rate policy on reserves has a negative effect on the money stock.
URI: http://hdl.handle.net/10114/13247
出現コレクション:比較経済研究所ワーキングペーパー(ICES Working Paper)

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
WP204gunji-other.pdf163.8 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください