DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
030 紀要 >
サステイナビリティ研究 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/13289

タイトル: 「原発事故被災地・被災者」を誰が決めるのか? : 「放射能汚染の矮小化」に対抗する、市民放射能測定所の「土壌汚染調査」に着目して
その他のタイトル: Who are the victims and where are the areas stricken by the Fukushima nuclear accident? : citizens’ radiation measuring stations in east Japan struggle against trivialized definitions of the victims and the disaster-stricken areas
著者: 清原, 悠
キーワード: 原発事故被災地
土壌汚染
放射性物質汚染対処特別措置法
市民放射能測定所
環境正義運動
the areas stricken by the Fukushima nuclear accident
soil contamination
the Act on Special Measures Concerning the Handling of Environment Pollution by Radioactive Materials Discharged
citizens' radiation measuring stations
environmental justice movements
発行日: 2017-3-15
出版者: 法政大学サステイナビリティ研究所
抄録: 本稿の目的は、市民放射能測定所が主体となって行われている東日本17都県を対象にした「土壌汚染調査」の実践例を取り上げ、その意義を環境正義運動論の観点より明らかにしたうえで、環境中に放出された放射性物質に対処する政策へのインプリケーションを検討することである。原発事故被災からの「再生」を考える時、最も基本となる点は「原発事故被災地」とはどこのことであり、「被災者」とは誰のことを指すのかという定義である。現在、福島県外の住民たちが放射能被ばくの健康調査を福島県外でも実施するように各地で住民運動を行っており、被災地・被災者の定義をめぐるヘゲモニー闘争が現在進行形でなされている。土壌汚染調査はこれまでも農業組合や自治体による福島県内の主に農地を対象にした取り組みが主に紹介されてきたが、「原発事故被災地」の矮小化に抗するためには農業用地に限られない調査が必要である。本稿では、市民放射能測定所による土壌汚染調査が客観的データを積み上げる取り組みを行うことで、主観的にも「原発事故被災地・被災者」の認識を更新していき、復興政策の偏りを正していく可能性があることを明らかにした。そのポイントは、用途・目的・地域を絞らずに平均的汚染状況の把握する点にあり、農地の調査とは異なりどのような立場に立つ人も汚染問題について等しく発言できる条件を整えるため、被害構造の総体を把握することにつながる点が期待される。From the perspective of environmental justice movements, this essay will reveal the significance of investigations on soil contamination initiated and conducted by citizens’ radiation measuring centers in 17 prefectures across eastern Japan. When we think of a recovery from damages caused by the nuclear accident, we have certain assumptions of where the areas of nuclear disaster is, and who the victims are. A campaign has been initiated by residents outside of Fukushima to destabilize the definitions of “areas of nuclear disaster” and “victims” by promoting health examinations to detect radiation exposure outside of Fukushima. While investigations on soil contamination initiated by agricultural cooperatives and municipalities inside of Fukushima have been publicized in the past, they are targeted mainly for regenerating farming in Fukushima rather than for resisting the trivialization of the terms such as “areas of nuclear disaster” and “victims”. This essay will reveal the possibility of our subjective recognition of “areas of nuclear disaster” and “victims” to be shifted by the culmination of the objective data from the investigation on soil contamination conducted by citizens’ radiation measuring centers, and how this ultimately can correct the imbalance within the disaster recovery policies. Unlike the investigation limited to farmlands, grasping the average degree of contamination regardless of the usage, purpose and areas may allow us to grasp the damages caused by the disaster in its entirety, which hence will provide people in any circumstances the equal right to speak out on the issue of contamination.
URI: http://hdl.handle.net/10114/13289
ISSN: 2185260X
出現コレクション:サステイナビリティ研究

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
sus7_kiyohara.pdf1.85 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください