DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
030 紀要 >
経済志林 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/13403

タイトル: 待ち行列理論によるテーマパークレストラン混雑状況の検討
その他のタイトル: Examination of the degree of congestion at a restaurant in a theme park using Queueing Theory
著者: 坂本, 憲昭
キーワード: 待ち行列
リトルの公式
テーマパーク
レストラン
発行日: 2017-8-22
出版者: 法政大学経済学部学会
抄録: This paper shows the degree of congestion at a restaurant in a theme park through a simulation using Little’s formula, which is the most basic principle in Queueing Theory. In a certain type of restaurant, customers place their orders and pay first, then stand in line to receive their meals. The problem is the long time needed to serve the meals even when vacant seats can easily be found. Regarding congestion, it takes 40 minutes or more for the customers to receive their orders after lining up in the restaurant. The purpose of this paper is to demonstrate a case where Little’s formula reproduces a real system.
URI: http://hdl.handle.net/10114/13403
ISSN: 00229741
出現コレクション:経済志林

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
85-1sakamoto.pdf1.03 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください