DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
040 研究調査報告書 >
科研費報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/13412

タイトル: 非破壊によるコンクリート表層部の塩化物量推定手法の開発
その他のタイトル: Development of estimation method of chloride ions in concrete surface by non-destructive test
著者: 溝渕, 利明
キーワード: 電磁波
表層品質
塩化物イオン量
発行日: 2016-6-3
シリーズ番号/レポート番号: 32675;25420463
基盤研究(C);2013-2015
抄録: 研究成果の概要(和文):本研究では,電磁波を用いたコンクリート表層部の塩化物イオン量の推定に関して,実構造物でも適用可能な評価システムを構築するために,適用に際して課題であったいくつかの項目について検討を行った。実用化に際しての課題としては,電磁波で推定できる塩化物イオン量がかぶり部の平均値であり,鉄筋腐食の開始を判定するためには,鉄筋位置での塩化物イオン量を推定・評価する必要がある。検討の結果,電磁波測定に影響を与える含水率,雹面粗度を考慮した推定式を提案するとともに,実構造物での比較検証を実施し,評価する可能性を見出した。研究成果の概要(英文):In this study, for the purpose of estimation of chloride ions in the concrete surface using the electromagnetic waves, in order to construct the applicable evaluation system to the existing structures, investigation was carried out on some items which were problems to be solved in the application. As the problems in the application, it is necessary that content of chloride ions is estimated and evaluated at the position of reinforcing bar in order to judge the start of corrosion of reinforcing bar because content of chloride ions which is able to be estimated using electromagnetic waves is the mean value in the cover concrete. As the results of the investigation, while the estimation formula considering with water content and surface roughness of concrete which measurement of the electromagnetic waves was influenced was proposed, the possibility which was possible to estimate the content of chloride ions at the position of reinforcing bar at the good accuracy was found.
記述: 研究分野:工学
URI: http://hdl.handle.net/10114/13412
出現コレクション:科研費報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
16_kaken_25420463.pdf271.81 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください