DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
040 研究調査報告書 >
科研費報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/13413

タイトル: ひとつの生物のすべての転写因子の制御機能の解明
その他のタイトル: Identification of Regulatory Roles of All Transcription Factors from a Single Organism
著者: 石浜, 明
キーワード: 転写因子
RNAポリメラーゼ
シグマ因子
ゲノム制御
転写調節
大腸菌
SELEX
発行日: 2016-5-25
シリーズ番号/レポート番号: 32675;25430173
基盤研究(C);2013-2015
抄録: 研究成果の概要(和文):細菌ゲノムに含まれる数千遺伝子から、転写遺伝子の選択と転写レベル決定は、転写酵素RNAポリメラーゼが、2段階での転写調節因子(シグマ因子と転写因子)との相互作用で決定される。大腸菌の7種類シグマ因子と約300種転写因子の全てに関して、独自に開発したSELEX法を利用し、認識し制御する遺伝子セットを同定し、その基盤で、制御標的遺伝子セットを個別に同定した。これは、『ひとつの生物のすべての転写因子の制御機能解明』を同定した、ゲノム新時代最初の画期的成果である。成果は、TEC データベースとして、国立遺伝学研究所から公開した。研究成果の概要(英文):The genome of the model prokaryote Escherichia coli contains approximately 4,500 genes. Expression pattern of the genome is determined through selective transcription by the RNA polymerase. Its gene selectivity is controlled at two steps through interaction with seven sigma factors and about 300 transcription factors. For identification of regulatory targets by transcription regulators, we identified their binding sites on the E. coli genome using Genomic SELEX system. We have so far identified the regulatory targets for all seven sigma factors and for more then 250 transcription factors. The results altogether are assembled into a single database TEC (Transcription Profile of Escherichia coli) (www.shigen.nig.ac.jp/ecoli/tec/), which is now open to public through NIG (National Institute of Genetics). Noteworthy is that this is the first success of identification of the regulatory roles of the whole set of transcription regulators form a single organism.
記述: 研究分野:分子生物学
URI: http://hdl.handle.net/10114/13413
出現コレクション:科研費報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
16_kaken_25430173.pdf2.72 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください