DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
040 研究調査報告書 >
科研費報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/13414

タイトル: 社会保険料の帰着についての実証的研究
その他のタイトル: Empirical analysis on the incidence of health insurance costs
著者: 濱秋, 純哉
キーワード: 社会保険料の帰着
総報酬制
操作変数
発行日: 2016-6-6
シリーズ番号/レポート番号: 32675;25780184
若手研究(B);2013-2015
抄録: 研究成果の概要(和文):本研究では健康保険組合の組合別パネルデータを用い,健康保険料の事業主負担の賃金への転嫁の大きさを推定した。先行研究では,被説明変数が賃金の対数値,説明変数の一つに事業主の保険料率を含む賃金関数が推定されることが多いが,被説明変数から説明変数への逆の因果によって,転嫁の大きさを正確に推定できない可能性がある。そこで,本研究では,総報酬制導入による事業主保険料負担の外生的な増加を利用して推定を行った。その結果,事業主負担の多くが賃金の低下を通じて労働者に転嫁されることを示唆する結果が得られたものの,企業は負担の転嫁をすぐには行えず,時間をかけて徐々に転嫁している可能性が示唆された。研究成果の概要(英文):Empirical studies on the incidence of social security contributions in Japan have produced conflicting results. Against this background, the present study, using new panel data, examines the extent to which employers’ health insurance contributions have been shifted to employees through the adjustment of wages following a major reform of the way insurance contributions are calculated. The results indicate that a large part of employers’ contribution burden was shifted to employees, and that this tendency was particularly pronounced for health insurers with a large number of insurees. This finding is consistent with the view that labour supply in Japan is inelastic with regard to changes in wages. Further, the empirical results suggest that the increase in employers’ insurance burden following the reform was not passed on to employees immediately but rather over time through the gradual adjustment of wages.
記述: 研究分野:公共経済学
URI: http://hdl.handle.net/10114/13414
出現コレクション:科研費報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
16_kaken_25780184.pdf190.65 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください