DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
040 研究調査報告書 >
科研費報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/13419

タイトル: 河川の疎通能力を確保するための樹林啓開の最適化に関する水理計画学研究
その他のタイトル: Hydro-planning study on optimizing riparian vegetation felling for preserving channel's conveyance capacity
著者: 道奥, 康治
キーワード: 治水
洪水解析
樹林化
二次元解析
河床変動
樹林啓開
維持管理
発行日: 2016-6-3
シリーズ番号/レポート番号: 32675;26630228
挑戦的萌芽研究;2014-2015
抄録: 研究成果の概要(和文):低平盆地の狭搾区間においては,樹林啓開や堆積土砂の処理など河川の維持管理を省力的かつ効率的に進めることが最大の課題である.本研究では円山川狭搾区間を対象として,洪水時における水理解析によって,河道内樹林,河道内掘削が疎通能力に及ぼす影響を検討し,河道の樹林化が進む河川における管理計画に資する科学的知見を得た.樹林帯の伐採管理ならびに中州など堆積土砂の維持掘削が治水機能に及ぼす影響を評価するために,これらの整備・維持管理シナリオの組み合わせを複数設定し,洪水解析を実施した.各整備シナリオと洪水位低下機能との関係が定量的に評価され,治水と環境整備が一体化した河川管理の戦略指針が示された.研究成果の概要(英文):Some countermeasures should be taken to increase conveyance capacity in rivers, such as felling of overgrown vegetation, channel excavation, construction of higher embankment and chemical control to inhibit sprouting and so on. Since the financial resource for river management is limited in recent years, those methods for river management are no longer possible. In the present study, assuming several scenarios of river restoration such as felling of riparian vegetation and excavation of island, the flood flow analysis was carried out to find the most efficient strategy of river management. First, the flood flow model was calibrated by comparing the numerical solution and field data. Water level was in good agreement with the measurement during the flood event. Second, performance of each river restoration projects were analytically examined. It was found, for example, that water level during flood decreased about 0.6m both in felling of vegetation and channel excavation.
記述: 研究分野:環境水理学
URI: http://hdl.handle.net/10114/13419
出現コレクション:科研費報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
16_kaken_26630228.pdf565.94 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください