DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
040 研究調査報告書 >
科研費報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/13421

タイトル: 日本中世前期における版本文化の基礎的研究
その他のタイトル: Basic study of the printed book culture in the earlier period of Japanese Middle Ages
著者: 大塚, 紀弘
キーワード: 版本
出版
泉涌寺
西大寺
律宗
律家
戒律
宋版
発行日: 2016-5-27
シリーズ番号/レポート番号: 32675;26770229
若手研究(B);2014-2015
抄録: 研究成果の概要(和文):泉涌寺(京都市東山区)は、唐代および宋代の中国で撰述された戒律関係仏典を集成した律宗三大部の版本73帖を所蔵しているが、これまで十分に研究されてこなかった。そこで本研究では、これらの版本の全点を詳細に調査するとともに、デジタルカメラによる写真撮影を行なった。その成果に基づいて考察した結果、それぞれの版本の多様な来歴を明らかにすることができた。こうした調査・研究の成果については、研究成果報告書にまとめて刊行した。研究成果の概要(英文):Sennyuji temple (Higashiyama-ku, Kyoto-shi) possesses 73 printed books of the Ritsu sect three large part that were written in China of Tang charges and Soong charges, but has not been studied enough until now. Therefore, in this study, I investigated the all the articles of these printed books in detail and took a picture by a digital camera. As a result of having considered it based on the result, a variety of origin of each printed book became clear. About the result of such a research, I published it in results of research report.
記述: 研究分野:日本史学
URI: http://hdl.handle.net/10114/13421
出現コレクション:科研費報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
16_kaken_26770229.pdf169.19 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください