DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
040 研究調査報告書 >
科研費報告書 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/13422

タイトル: 流通オンライン化の経済分析と新しい競争政策
その他のタイトル: Economic analysis of on-line retailers and new perspective of competition policy
著者: 大木, 良子
キーワード: 競争政策
オンライン流通
多面的プラットフォーム
発行日: 2016-6-2
シリーズ番号/レポート番号: 32675;26780154
若手研究(B);2014-2015
抄録: 研究成果の概要(和文):本研究では、オンライン化した流通に対する新しい競争政策のありかたを示すことを目的としてきた。第一に、オンライン流通業者が用いることが多い、定額料金制度がもつ排除効果について経済モデルを用いて明らかにした。第二に、オンライン流通を多面的プラットフォームと捉え、従来型流通業との違いについて既存研究を整理し、加えてプラットフォーム間の合併の影響を考察した。第三に、多面的プラットフォームとしての流通業者と生産者との間の排他的取引契約が、流通業者間の競争に与える影響について、新しい理論モデルを構築し、排他的取引契約によって生産者が流通業者に対する交渉力を確保するメカニズムを明らかにした。研究成果の概要(英文):This study tries to propose a new perspective on competition policy toward competition between online retailers. The following results has been obtained. First, this study showed that fixed-fee pricing frequently used by online retailers has exclusionary effect. Second, online retailers, as multi-sided platforms, enable upstream manufacturers and consumers to transact each other and to realize indirect network effect between them. I surveyed existing economic theory of multi-sided platform, and considered an effect of merger between such platforms. Third, by extending the theory of multi-sided platform, I developed a new economic model to analyze the exclusive contract between upstream firms and platforms. It showed that upstream firms obtain the bargaining power against platforms through exclusive contracts.
記述: 研究分野:産業組織論
URI: http://hdl.handle.net/10114/13422
出現コレクション:科研費報告書

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
16_kaken_26780154.pdf122.03 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください