DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
030 紀要 >
法政大学大学院紀要. 理工学・工学研究科編 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/13725

タイトル: 二項モデルを用いた信用取引のモデル化及び期待効用最大化
著者: 山村, 和也
Yamamura, Kazuya
発行日: 2017-3-31
出版者: 法政大学大学院理工学・工学研究科
抄録: In this paper, we formulate margin trading using a binomial model, and provide some numerical experiment results with respect to expected utility maximization problems with a static strategy under the model. In modeling, margin calls and the interest for margin are taken into account following regulations. In order to obtain its optimum strategy, we use stochastic algorithms, especially the Robbins-Monro method. We capture characteristics of margin trading in terms of leverage and costs through numerical results of the expected utility maximization problem. Furthermore, we compare and discuss results of spot and margin trading in our model. Key Words : Margin trading, Expected utility maximization, Stochastic algorithm
記述: ヘッダー部分に誤記 ; (誤) 法政大学大学院理工学・工学研究科紀要 (正) 法政大学大学院紀要. 理工学・工学研究科編
URI: http://hdl.handle.net/10114/13725
ISSN: 21879923
出現コレクション:法政大学大学院紀要. 理工学・工学研究科編

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
15R6209.pdf1.32 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください