DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
030 紀要 >
法政大学スポーツ研究センター紀要:Bulletin of Sports Research Center, Hosei University >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/13895

タイトル: スポーツの緊張場面における重心の変動と心理状態の関係
その他のタイトル: Postural sway and psychological states in sports situations that make athletes nervous
著者: 髙野, 美穂
坂入, 洋右
中澤, 史
Takano, Miho
Sakairi, Yosuke
Nakazawa, Tadashi
キーワード: 不安
心身の安定
ペナルティーキック
anxiety
stability of the mind and body
penalty kick
発行日: 2018-3-31
出版者: 法政大学スポーツ研究センター
抄録: 本研究はスポーツの緊張場面における重心動揺と心理状態の関係について検討することを目的とした。大学生サッカー選手30名を対象として,快適な緊張と不快な緊張の喚起を含めた3 つの条件を設定し,それぞれの心理状態と重心動揺の関係について分析を行った。その結果,ペナルティーキック時の不快度が高い緊張場面において,不安が大きい選手ほど重心位置が後方にあるという相関関係がみられた。さらに,不快度が高い緊張場面では,快適な緊張場面よりも肩周辺の筋が緊張していることが明らかになった。また,特性的な不安が大きい選手の重心動揺は狭い範囲を細かく動き,重心位置は後方・左寄りであるという特徴が明らかになった。
URI: http://hdl.handle.net/10114/13895
ISSN: 21879168
出現コレクション:法政大学スポーツ研究センター紀要:Bulletin of Sports Research Center, Hosei University

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
36takano-other.pdf1.15 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください