DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
030 紀要 >
法政大学情報メディア教育研究センター研究報告 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/14237

タイトル: 模擬微動を用いた建物の基本的動特性の抽出法
その他のタイトル: Extracting Method of Basic Dynamic Characteristics of the Building by Using Simulated Microtremor
著者: 鯉沼, 優仁
中村, 圭佑
吉田, 長行
KOINUMA, Masahito
NAKAMURA, Keisuke
YOSHIDA, Nagayuki
発行日: 2017-6-30
出版者: 法政大学情報メディア教育研究センター
抄録: 本研究の目的は、常時微動下の建物を観測し、そのデータを基に建物の振動特性を探り、構造諸量を同定するプロセスを構築することである。しかし、既往の分析手法により求めた固有周期、減衰定数には真の値と誤差が生じていた。そこで、その値がどの程度真の値を捉えているのかをあらかじめ評価しておく必要がある。さらには、より精度の高い推定法の開発も必要となる。本研究では、模擬微動を用いた既存の分析手法の性能評価及びその定性的傾向の把握とより精度の高い推定法の開発を行った。
URI: http://hdl.handle.net/10114/14237
ISSN: 18807526
出現コレクション:法政大学情報メディア教育研究センター研究報告

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
vol31_02.pdf513.26 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください