DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
030 紀要 >
法政大学情報メディア教育研究センター研究報告 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/14238

タイトル: 分子動力学による荷電コロイド分散系における添加塩効果
その他のタイトル: Effect of Salt on Charged Colloidal Dispersion Studied by Molecular Dynamics Simulation
著者: 片岡, 洋右
KATAOKA, Yosuke
発行日: 2017-6-30
出版者: 法政大学情報メディア教育研究センター
抄録: コロイド分散系に似た性質を持つ簡単化モデルで、溶液中に存在する塩に由来する電荷量を増やしていくと、1相から2相へ変化し、さらに増やすと、また1相に変わる例を分子動力学法シミュレーションで示した。 コロイド粒子間には引力的な有効相互作用がはたらくことを示した。塩に由来する電荷量が増えるとこの相互作用が増加するため、上記のような相の変化が起きる。
The effect of salt on a charged colloidal dispersion is investigated using molecular dynamics (MD) simulations. The target system is protein reentrant condensation in solution induced by multivalent metal ions. The colloidal particles are large and highly charged, but not compared to real colloidal particles for simplicity, and a KCl-type salt is assumed. The charge number Z is treated as a parameter. With this treatment, the effect of salt is more easily investigated. The initial configuration consists of a mixed solution region and a vacuum region. The latter is introduced to see if the presence of salt results in a 1-phase or 2-phase final configuration. The self-diffusion coefficients for the particles and ions are investigated as functions of Z. A 2-phase system is formed for 2.9 < Z < 5.3, whereas a 1-phase system plus a vapor phase is formed due to the effective attractive interaction between the colloidal particles for Z > 5.3. Keywords : Charged Colloidal Dispersion, Effect of Salt, Molecular Dynamics Simulation
URI: http://hdl.handle.net/10114/14238
ISSN: 18807526
出現コレクション:法政大学情報メディア教育研究センター研究報告

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
vol31_03.pdf715.4 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください