DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
030 紀要 >
多摩論集 >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/312

タイトル: Japanese EFL Learners’ Off-line Syntactic Processing Strategies Revisited
著者: 寺内, 正典
飯野, 厚
Terauchi, Masanori
Iino, Atsushi
キーワード: Syntactic Processing Strategies
Second Language Sentence Syntactic Processing
Reanalysis
発行日: 2007-3
出版者: 法政大学多摩論集編集委員会
抄録: Terauchi(2006)で検討した仮説を再検討するために、項目を8つに精選し、250名の被験者を対象として追実験を行った。その結果、以下のことが認められた。 (1) 統語処理を優先した被験者の方が、意味方略を優先した被験者よりもより正しい解釈に至ることが認められた。 (2) 中央埋め込み文の文理解は、他のあいまい文よりも難易度が高かった。前実験(Terauchi(2006))で認められた並列処理と選択的再分析仮説の有意性が認められなかった。この理由は、被験者の質に問題があったのかもしれない。
URI: http://hdl.handle.net/10114/312
ISSN: 09112030
出現コレクション:多摩論集

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
23terauchi.pdf1.62 MBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください