DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
030 紀要 >
多摩論集 : Hosei University Tama bulletin >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/6687

タイトル: 前置談話文脈は第2言語文処理・統語処理における曖昧性と複雑性の解消に貢献するのか : 日本人EFL学習者を被験者とするオフラインデータに基づく実験統語論的アプローチの試み
著者: 寺内, 正典
飯野, 厚
巴, 将樹
Terauchi, Masanori
Iino, Atsushi
Tomoe, Masaki
発行日: 2010-3
出版者: 法政大学多摩論集編集委員会
URI: http://hdl.handle.net/10114/6687
ISSN: 09112030
出現コレクション:多摩論集 : Hosei University Tama bulletin

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
26terauchi-other.pdf856.81 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください