DSpace
 

法政大学学術機関リポジトリ >
030 紀要 >
イノベーション・マネジメント:Journal of innovation management >

このアイテムの引用には次の識別子を使用してください: http://hdl.handle.net/10114/9565

タイトル: ミッションの共有によるシステムの創造 ―系列別自動車販売「再形成」期の製版関係―
その他のタイトル: System Creation by Common Mission: the relationship between Dealers and Manufactureres in Regenaration of the Dealer System.
著者: 芦田, 尚道
キーワード: ミッション
ビジョン
システム
意思決定行動
発行日: 2009-3-31
出版者: 法政大学イノベーション・マネジメント研究センター
抄録: 1. はじめに 2. 戦前・戦時の自動車販売企業家 -山口昇と菊池武三郎- 2.1 国産車販売に至るキャリア 2.2 日配・自配一元化案への抵抗 2.3 輸送力増強への献身 3. 戦後における系列別販売の模索 3.1 系列別販売機構への起爆剤 -「リバート見解」と「船橋会議」- 3.2 トヨタによる全国自配代表者招待会 4. 系列別販売のデファクト・スタンダード化 4.1 果断な行動 4.2 成果と意義 5. 意思決定行動の背景 5.1 ディーラー・メーカーによるミッションの共有 5.2 ミッションの共有を支えた事業領域の柔軟性 6. まとめとインプリケーション
記述: 査読付論文(refereed)。イノベーション・マネジメント研究センターの許諾済。学術目的以外の引用・複写を禁止しています。引用には出典を明記の事。
URI: http://hdl.handle.net/10114/9565
ISSN: 13492233
出現コレクション:イノベーション・マネジメント:Journal of innovation management

このアイテムのファイル:

ファイル 記述 サイズフォーマット
09_im_6_ashida.pdf509.54 kBAdobe PDF見る/開く
09_im_6_Errata_ashida.pdf正誤表355.16 kBAdobe PDF見る/開く

このリポジトリに保管されているアイテムはすべて著作権により保護されています。

 

Valid XHTML 1.0! DSpace Software Copyright © 2002-2010  Duraspace - ご意見をお寄せください